事業概要

尊厳のある生き方を支援します。

理念 尊厳のある生き方を支援します。

当施設では、認知症のあるなしにかかわらずご入所の方すべてに常に優しく話しかけ、愛を持ってお世話をし、皆さまが穏やかにお過ごしになれるよう支援します。

運営方針 介護老人保健施設は、医学的管理の下での看護・介護や機能訓練・その他必要な医療と日常生活のお世話などの介護保険サービスをご提供し、ご利用の方の能力に応じた 日常生活を営むことが出来るように、1日でも早く家庭での生活にもどることができるように支援する施設です。

個人情報保護法について

施設は利用者及びその契約者の個人情報について次の通り、必要最小限の範囲内で使用いたします。

1.使用する目的

・介護保険サービス開始を前提とした利用予定者の保険情報、身体状況の把握。
・介護保険サービス利用のための市町村、居宅介護支援事業者、その他の介護保険事業者等への情報提供、あるいは、適切な在宅療養のための医療機関への療養情報の提供。
・行政諸機関への情報の提供。
・介護保険サービスの質の向上のための学会、研究会などでの事例研究発表等。
尚、この場合、利用者個人を特定できないように匿名などを使用することを厳守します。
・検体検査業務、介護保険サービス費用請求事務などに伴う業務委託。
・ご家族様等への利用者の状況説明、その他介護保険サービス提供に関する情報提供。
・保険支払審査機関又は行政への介護保険料請求レセプト提出及び該当機関又は行政からの照会に対しての情報提供。
・施設の会計経理業務。
・施設居室入り口のネームプレート、イベントの写真掲示など療養生活に 必要と思われる事項。

2.使用する職員の範囲

医師、看護師、介護職、支援相談員、介護支援専門員、栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、事務員、その他ご利用者に対してサービス提供または相談援助を担当する職員。

3.使用する期間

入所日から退所年月日まで。
(必用に応じ、退所後の場合もあります。)
但し、契約者の変更などが行われない限り、この初回個人情報使用同意書をもって繰り返し利用することとします。

4.提供範囲及び提供時の記録等

・個人情報の提供は必要最小限とし、提供に当たっては他者にもれることのないよう細心の注意を払います。
・個人情報を使用した会議、相手方、内容などの経過を記録します。

5.個人情報の開示等について

当施設は、保有する個人情報について開示等(保有個人情報の利用目的の通知、保有個人情報の開示、保有個人情報の訂正、追加又は削除、保有個人情報の利用停止)を行います。

6.苦情受付

(1)苦情発生した場合は速やかに「苦情対応会議」を開催し、対応を協議し適切な措置を講じます。
(2)苦情申立者には施設として文書または口頭により対応についての説明を行います。

苦情につきましては、下記の窓口でお受けいたします。
 
(施設内)相談・苦情担当
電話 045-776-3223
支援相談員  福満 千栄
事務長    藤本 憲一

(施設外)相談・苦情担当
横浜市福祉局福祉部高齢施設課
電話 045-671-3923

神奈川県国民健康保険団体連合会
電話 045-329-3447